アフターピルに関するQ&A

患者さんからカウンセリングやメール・電話などで、アフターピルについてよく聞かれる質問内容を集めました。

アフターピルの服用は72時間以内の服用ならいつでもいいですか?
72時間以内ならいつでも服用していただいて構わないですが、なるべく早く服用してください。
未成年ですが、アフターピルを処方してもらえますか?
もちろん大丈夫です。保護者の方の同意書や同伴も必要ありません
アフターピルを飲むのは早い方が避妊率は上がりますか?
上がります。
アフターピルを飲むことによって避妊が成功したとわかるのはいつですか?
一般的に次の月経予定日前後に通常通り生理がある人が多いです。アフターピル服用後平均10日前後(数日~21日)で出血が来る人もいます。服用後3週間後に妊娠反応検査を薦めています。
アフターピルと低用量ピルの違いは何ですか?
アフターピルは着床を防ぎます。低用量ピルは排卵を抑えます。そのため服用する時期が異なります。アフターピルは避妊に失敗した後に服用しますが、低用量ピルは一日一回服用し続けます。
アフターピルは一度だけの服用で本当に効果がありますか?
あります。
アフターピルの副作用は?
吐き気、嘔吐、頭痛、不正出血、眠たくなるといった症状が通常24時間以内に現れることありますが、頻度は少ないです。
授乳中のアフターピルの服用について、授乳はどれくらいの間隔を開ければよいですか?
少なくとも24時間以上は授乳を避けてください。

ページの先頭へ